ethOSでモネロ(Monero XMR)の新アルゴリズム「CryptoNightV7」をマイニング!

今回はタイムリーなネタをお届けします!

本日、モネロがASIC対策のためのHF(ハードフォーク)を行いました。マイニングアルゴリズムがCryptoNightからCryptoNightV7に変更となり、既存の設定では掘れなくなりました。

切り替わりの少し前から掘っていたのですが、HF後はハッシュレートが0に。

なぜこのような措置がとられたかといいますと、先日、各ASICメーカーがこぞってCryptoNightアルゴリズムのASICを発売しました。

かく言う私もBaikal Giant Nを1台買いまして、こちらは20KH/sで消費電力60Wというスペック。RX570 1枚が560H/s、100Wなので、どれだけASICが凶暴かお分かり頂けると思います。

ちなみに私がGiant Nを買った後にBitmainからAntminer X3が発売され、こちらは220KH/sで消費電力550Wというスペック。X3が出回ればGiant Nも役に立たなくなるでしょう。。。ASICは買い時が難しいです。

「モネロのGPUマイニングももう終わりだな~」と思っていた矢先、「モネロがASIC対策としてマイニングアルゴリズムを変更するHFを実施する」という情報が。

ASICはハッシュパワーが大きく、1つのところにハッシュレートが偏りやすくなるので、ブロックチェーンの健全化という観点ではあまり好ましくありません。そういった意味でASICは敬遠されることが多く、イーサリアムのEthashはASIC耐性のあるマイニングアルゴリズムとして有名ですね。

余談ですがついにEthashもASICが先日発売されました。イーサリアムもASIC対策でHFするかどうかの議論がなされているとのことです。

このような事情から、モネロはCryptoNightアルゴリズムからCryptoNightV7というアルゴリズムに本日変更されました。もうGiant NもX3もモネロは掘れません。(他のCryptoNightアルゴリズムの通貨は掘れます)

 

そこで柔軟に対応できるのがGPUマイニングのいいところですね!少しの設定変更でCryptoNightV7に対応できます。とりいそぎRX系のみ確認できたので記載します。(GTX系では動きません)

まずはsudo update-miner claymore-xmrコマンドでclaymore-xmrを最新版にアップデートします。

アップデートが完了したら、local.confを下記の通り設定します。他のパラメータ追加はご自由にどうぞ。

globalminer claymore-xmr
proxywallet モネロのウォレットアドレス
proxypool1 xmr-asia1.nanopool.org:14444
maxgputemp 85
globalfan 85
stratumproxy enabled
flags -pow7 1

claymore-xmrの最新版を使って、上記のようにflagsを設定するとCryptoNightV7に対応できるようです。設定後はいつものputconf && minestopコマンドで。

ちなみに私の検証環境は以下です。

・ethOS 1.3.0
・claymore-xmr v11.3

マイナーのバージョンは、show statsコマンドで確認できます。

無事にハッシュレートが上がり、マイニングが再開しました!

モネロは今後もASIC対策で定期的にHFでマイニングアルゴリズムを変更するそうです。これでモネロの平和は保たれました。

つまり、モネロも掘れない、ハッシュレートはX3の1/10という、Giant Nが最も貧乏クジを引いた感じです。。。

この記事がお役に立ちましたら、ビットコイン寄付を頂けると励みになります!
1MF52QPeh5WPABndx4F7s7TdAzfEm9Gy92

15 件のコメント

  • いつも勉強させてもらってます。

    モネってなぁと思ったらやっぱりテストしていたのですね。

    新しいアルゴリズムのハッシュレートは前と同じくらいですか?

    • コメントありがとうございます!
      密かにモネったつもりでしたがバレていたようですね(笑)
      ハッシュレート確認したところRX570 4G 1枚あたり600H/s出てますね。消費電力はシステム27W除くと105Wくらいです。
      以前にハッシュレート比較したときは560H/s、100Wだったのですが、マイナーがsgminer-gm-xmrだったので比較対象には
      ならないかもです。。。

  • MoneroはV7でその他の草コインもV7になるのかなと思っていたら
    HeavyとかAEON7とかASICのせいでかなり面倒な分裂状態。
    けれど続々と後追い状態なんでASICはもうすぐ使えなくなりそうですね。

    • コメントありがとうございます!
      Giant N、いま現在では、NHで24.16 USD/dayという数字が出ています。瞬間的な数字だとは思いますが。。。
      電気代は月1,000円くらいなので、赤字になるまではのんびり掘り続けます!

  • ナイスハッシュは2のみ新アルゴリズムにアップデートで対応、レガシーは非対応なので動かしてもハッシュは0とのまんまです。

    ま、ナイスハッシュはcpuしかモネって無いので影響ある人は少数だと思いますが

    • コメントありがとうございます!
      レガシーは非対応なんですね。CryptoNightはGTXよりRXの方がハッシュレート高いと思うので、
      対応してくれた方がRXユーザーとしてはうれしいでしょうね。

  • こんにちは。モネロV7は4月9日ー10日で小祭り状態でしたね。支払い単価が上がって、砂漠のオアシス状態でした。昨年は、もう少し長かったけど、今回は約1日で終了でしたね。
    お陰様で干上がらずに済んでおります。
    NiceHashレガシーでも出来るようになると信じて待っています。Awesome Minerは直ぐに対応しましたけど、バグありで結局お祭り中はGTX系のみ参加できました。

    • コメントありがとうございます!
      V7はNHでかなり盛り上がっていたみたいですね~。
      昨日今日でレートも少し戻りましたし、これから楽しくなりそうですね!

  • イーサ先輩さん!
    何度も問い合わせフォームより問い合わせしているのですが,確認メールが届きません。
    今は有償サポートを受け付けていらっしゃいませんか?

    • コメントありがとうございます!
      当方からは返信させて頂いていますよ!迷惑メールに入っていないでしょうか?
      コメント投稿時のメールアドレス宛にも先ほどお送りしておきましたのでご確認ください!

  • ウチでも夏に向けてCRYPTONIGHTV7をClaymoreで予行演習してみました。
    とりあえずRX580x2枚でマイニングはできましたが、困ったことにウチの最大勢力GTX1070Tix7枚のマイナーがNiceHashしかない状況に、RX580だけではMONEROでの払出の目途が立ちません。

    イーサもASIC対策でHFするかどうか微妙なだけにMONEROを掘れるようにしておかないと夏以降RX580が使い物にならなくかも?とビクビクしています。

    • コメントありがとうございます!
      パフォーマンスはそこまで良くないとはいえASICが夏に出回ってくると、採掘量は減るでしょうね。。。
      イーサ、モネロだけでなく色々な通貨が掘れるので、夏を迎えても十分に戦えますよ!

  • ナイスハッシュのアップデートが来ました。2は若干ハッシュ向上。レガシーは旧アルゴリズム削除でv7は実装されず‥‥

    せめて2がラディオン対応してくれええええええ

    ps.ライザーはコンデンサ四個モデルならサウンドカードの音質向上が体感できました

    • コメントありがとうございます!
      CN系はRXが強いのでサポートされないのは厳しいですね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です