自作イーサリアムマイニング運用状況(20GPU)

さぁ本格的に厳しい冬がやってまいりました。イーサリアムもこのままいけば10,000円を目指すのではないかという勢い。ビットコインの8/1問題の影響で仮想通貨全体が大きく揺らいでいますね。

さて先日からマイニングハウスで15GPU稼働が始まり、定格運用ということもあり安定して稼働しています。

現時点の試算はこちら。

マイニングハウス(15GPU)

自宅(5GPU)

合計で、1ヶ月で3.64ETH掘れる試算になっています。それにしても本当に採掘量が減りましたね。5GPU使っても1ヶ月に1ETH程度しか掘れなくなってしまいました。

現時点のレートが続くと想定した場合の収益想定がこちら。

みなさん、これがいまの現実です。この状況は他の自作マイナーもそんなに変わらないと思うので、そろそろ脱落者が出てくるかもしれませんね。私が入っているマイニングのコミュニティでは「脱落者が放出する中古GPUが狙い目」とか話が出ていて、まったく脱落する気配はしませんが(笑)

ところでマイニングで得た報酬についてどうするかのアンケートがコミュニティ内であって、回答の7割くらいはホールド、残りは法定通貨に換金、という結果でした。前者の場合は今後も値上がりするというシナリオを描いているのでこの局面でも乗り切れると思いますが、後者のように払い出し時点でのレートで円転していく運用の場合、ここまでレートが下がってくると厳しいのではないでしょうか。

私も前者の考えですので、今後もマイニングハウス上限までGPUを増設する方針で進めていくつもりです。

この記事がお役に立ちましたら、ビットコイン寄付を頂けると励みになります!
1MF52QPeh5WPABndx4F7s7TdAzfEm9Gy92

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です