あわや発火?・・・SATA電源コネクタ溶ける

前回の投稿「2リグ稼働開始!」で2リグへ増強し、1日でどれくらい掘れるのかドキドキしていたところ、「バチーン!」まさかのブレーカー落ち。。。

昨日チェックしたつもりでしたが漏れていました、電気ケトルの存在を。。。こいつは数分ですがものすごい電力を使います。1週間のためにリビングの配置換えもできないので、他に回避策がないか検討しましたが、残念ながらわが家での2リグ稼働はあきらめることにしました。

仕方なくメインのリグだけ稼働させてしばらくすると、なんか香ばしい匂いが。。。あれ、どこか焦げてる?目視では確認できないのですが、ちょっと怖くなったので一旦電源を落としました。匂いはおさまったのでやっぱりリグが匂いを発しているようです。

しばらくしてもう一度電源を入れてみると、5GPUのうちライザーカードを使っている4枚が動きません。

電源が取れていないのかと思い電源側のSATA電源ケーブルを抜いてみると、プラスチックの破片がパラパラと。。。

ととと溶けてるじゃないですか!電源側のコネクタ差し込み口を見てみると、

これは完全にいっちゃってますね。。。マイニングのコミュニティで聞いてみたところ、このSATA電源ケーブル1本で4つのライザーカードに電源を供給していたのですが、最大でも2つまでにしておいた方がいいとのことでした。ケーブルのコネクタや全体を触ってみて熱いようだったらキャパオーバーだそうです。

ブレーカー落ちが直接的な原因かどうかは判断がつきにくいところですが、これが無人のマイニングハウスで起きていたらと思うとゾッとしますね。。。

ということで本当に危険なのでもう一度いいます。

ライザーカードへの電源供給は、1本のSATA電源ケーブルで最大2つまでにしましょう。

この記事がお役に立ちましたら、ビットコイン寄付を頂けると励みになります!
1MF52QPeh5WPABndx4F7s7TdAzfEm9Gy92

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です