ethOSでWOL(Wake on LAN)

イーサリアム軟調ですね。送金遅延問題が影響しているとかなんとか。しかしこんな時でもマイニングをしていると保有量自体が増やせるのでいいですよね!

さてethOSについて質問があったのですが、WOL(Wake on LAN)はできるの?って話。

実はちょうど私も遠隔地でのマイニングリグ運用を検討していて、そうするとリモートでの電源ON・OFFは必須になってきます。いい機会なので検証してみました。

ググってみると必要な手順は2つ。

1.BIOSでWOLを有効にする

2.OSでWOLを有効にする

マシンの電源はOFFになっているので、WOLの設定ってBIOSだけかと思っていたのですが、OS側にも設定が必要なんですね。

ということでまずは検証機(ASRock H170 Pro4)のBIOS設定から。設定項目に「WOL」という直接的な表現はありませんでしたが、「Advanced Setting > Advanced > PCIE Devices Power On」が該当するようです。

説明からも正しい項目であることが確認できます。

これでBIOS側のWOLが有効になりました。いったんマシンを起動しLANポートeth0のMACアドレスをメモします。「ひょっとしてこれだけでできるかも」と思いシャットダウンして、手持ちのMacからWOLを実行してみましたが起動せず。やっぱりethOS側でも設定が必要なんですね。

ethOSはLinuxベースなので、Linuxでは「ethtool」というコマンドを使ってWOLを有効化するようです。まずは現在の設定を確認。

# sudo ethtool eth0
Settings for eth0:
	Supported ports: [ TP ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Full 
	Supported pause frame use: No
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Full 
	Advertised pause frame use: No
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 1000Mb/s
	Duplex: Full
	Port: Twisted Pair
	PHYAD: 1
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	MDI-X: on (auto)
	Current message level: 0x00000007 (7)
			       drv probe link
	Link detected: yes

WOLが有効になっている場合はそれっぽい情報があるみたいなのですが。。。ないようです。

WOLを有効化するコマンドを実行します。

# sudo ethtool -s eth0 wol g

再度情報を確認。

# sudo ethtool eth0
Settings for eth0:
	Supported ports: [ TP ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Full 
	Supported pause frame use: No
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full 
	                        100baseT/Half 100baseT/Full 
	                        1000baseT/Full 
	Advertised pause frame use: No
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 1000Mb/s
	Duplex: Full
	Port: Twisted Pair
	PHYAD: 1
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	MDI-X: on (auto)
	Supports Wake-on: pumbg
	Wake-on: g  ← これ
	Current message level: 0x00000007 (7)
			       drv probe link
	Link detected: yes

今度は表示されています。Macからwakeonlanコマンドを実行してみると、起動しました!

せっかくなのでメイン(GIGABYTE 970A-DS3P)のリグにも設定しておこうと思い、いったん止めてBIOS設定を探してみると。。。どこを探してもない。ということはデフォルトでON設定になっているっぽいので、試しにリグに向けてwakeonlanコマンドを実行すると、起動しました。ethOS側にはまだ何も設定していないのですが。

ethtoolコマンドで現在の設定を確認するとWOLの設定が有効になっていました。ethOSのバージョンは同じなのになぜ?

まぁethOSでWOLが実現できることが分かったのでよしとしましょう。

この記事がお役に立ちましたら、ビットコイン寄付を頂けると励みになります!
1MF52QPeh5WPABndx4F7s7TdAzfEm9Gy92

2 件のコメント

  • はじめまして!
    私も6/19からマイニングデビューしました 家畜と申します。
    宜しければメール等で情報交換しませんか?

    当方マイニングスペック
    リグ8台&未組4台
    稼働グラボ
    1080*10
    1060*18
    rx480*3
    未増設分
    1080*2
    1060*4
    rx580*12
    rx570*3
    です。
    こちらもアパートでは無理と判断し一軒家に引っ越すことになりました。
    ぜひ、収益などもからめて一度情報交換をできたらと思います。

    • コメントありがとうございます、家畜さんのスペックすごいですね!GeForceは高すぎて私には手がでません。。。早々にメールしますね、今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です